価値と幸せと良い人生

私は物事を一生懸命にやりすぎる癖があります.

私は学生ですので,主な活動は学校の勉強ということになりますから,学校の勉強を一生懸命にやりすぎる癖があります.勉強は学生にとっての権利ですから,過度にやる必要はありません.しかし,私は変なこだわりがあって,きちんとできないと不全感に襲われるのです.そして,そのきちんとやるの基準が病的なことがあって,往々にして体力や精神力を消耗します.

このこだわりはうまく働けば,高いパフォーマンスを導きますから,あながち悪いことではありません.しかし,休息がうまくいかないと,この脅迫的集中的デスマーチ的勉強は身体や精神をむしばんでいきます.

勉強をして学力がつけば,それはそれで一つの良い人生ではあります.しかし,良い人生と幸せな人生は異なります.そして良い人生と幸せな人生のどちらが良いかはなんとも言えません.

ただ一つはっきりとしているこは,自分独自の価値観や倫理観にとらわれていると,本人のなかでは良い人生かもしれませんが,この考え方はその人個人の自縄自縛による価値観にとどまっている,ということです.

[PR]
Commented by bbex225881 at 2016-10-14 12:15
お昼だぁ
٩( ᐛ )و

こんちは
クリさん

「良い人生」
「幸せな人生」

【アホのただの】
の意見としては

「良い人生」とは
何も犠牲にしない事で。

「幸せな人生」
何かを犠牲にする必要がある事

かなぁ〜

なんて考えてたりします。

下手なコメで申しわけないです。
Commented by criticalCaffeine at 2016-10-14 17:14
ただのさん。

ありがとうございます。
そうですね。僕にとって、勉強さえやっていれば、自己完結の世界ですから、良い人生です。そして、犠牲にできるほどの(人的、物質的、社会でのかかわり的など、いろいろな意味での)資源があれば、幸せな人生を送る余地があります。

良い人生を送るには、本人がきちんとしてさえいればよいですが、幸せは、人間が人間らしくしていないといけませんね。
by criticalCaffeine | 2016-10-14 10:29 | 生活 | Comments(2)