生徒が嫌いなのは読書感想文ではなく、つまらない本だと思う

私たちは小学生や中学生のときに学校の宿題で読書感想文を書かされて嫌な思いをします。読書感想文が嫌というより、読書感想文のために読む本が面白くないのです。もちろん、読書感想文の本は生徒が自由に選ぶことはできるのですが、何となく学校や教師の思惑があって、生徒はその思惑通りの本を選びます。そして、その本が面白くないのです。よって、読書感想文を面白くするための解決策としては、教師が思惑を示さないことです。生徒が自由に本を選び、それについて読書感想文を書けばきっと楽しくできるはずです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-06-05 12:14 | 生活 | Comments(0)