難問への拘泥か対局の優先か

私たちが勉強をしているときに理解できないことがらに当たることがあります。そのときにどのくらいそれを理解しようと努めるかは微妙な問題です。きちんと理解しないでそれを放置するとあとになってその科目がますます理解できなくなることもありますし、そのときその問題に拘泥しなくてもあとになれば理解できることもあるからです。大事なことは、どちらの可能性もあることを理解しておくことです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-06-06 08:38 | 生活 | Comments(0)