好きの分岐点

私たちは物事をやるときにそれのおいしい部分をやりたがるものです。たとえば、役者のかたならば主役をやりたがるでしょうし、会社勤めのかたならば売り上げの大きな仕事をやりたがると思います。ところが好きなことについては地味なところとか単調なところも喜んでできると思うのです。これが好きかどうかの分岐点と私は思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-06-16 08:41 | 生活 | Comments(0)