カテゴリ:授業( 78 )

私が学校で勉強してしばしば思うことは、ひょっとしたら学校の勉強というものはそれを受けてその教科内容を理解するのが目的ではなく、勉強にきっかけに過ぎないのではないか、ということです。私は勉強が苦手なので学校の授業を受けるだけではなかなか教科内容を理解できません。そこで学期が終わったあとに自分で補います。この補いを促すのが授業の本来の目的のような気がしてきました。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-08-01 08:46 | 授業 | Comments(0)

お得な授業もたまにある

まもなく私の学校が夏休みに入ります。夏休みには集中講義とよばれる授業を私は受けます。この科目は受講者に2単位を与えます。受講者に2単位を与える科目はふつう15コマの授業からなります。しかしこの科目は8コマです。夏休みの連続したある4日間に毎日2コマやります。それで2単位もらえるのはお得な感じがします。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-28 08:46 | 授業 | Comments(0)

うまい指導

今学期に私が履習しているある授業科目では期末試験で成績が付きます。そしてその試験問題はレポート課題のなかから多くが出題されます。つまり、レポート課題をちゃんとやればその科目で良い成績が取れます。これほど明確な勉強のポイントとか出題内容はありません。これはうまい指導のやり方だと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-27 08:40 | 授業 | Comments(0)

先日学校で期末試験を受けました。これは数学の科目の試験です。大問は9問でした。試験時間は90分でした。数学の試験で大問9問は多いほうです。おそらくほかの学生もせっせと問題を解いたことでしょう。学習内容が多かったので、担当の先生としても、いろいろと問いたかったのだと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-25 08:44 | 授業 | Comments(0)

数学の試験

私たちは学校で数学という科目を勉強します。この科目の試験で出される問題は、定理を利用した計算問題が主です。定理を証明する問題はふつう出されません。本来的には定理を導くことが数学の勉強では重要なはずです。しかし、試験時間も短いですし、ほとんどの学生はそれほど数学が得意でないので、どうしても計算問題にならざるを得ないと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-22 10:50 | 授業 | Comments(0)

あえて証明を省く

数学という学問では厳密さが重要です。しかし、私の学校の先生のなかにはあえて証明を省くことで学生が落ちこぼれないようにしている人もいます。証明をやらない代わりに定理の主張を表すような例を挙げて、学生がわかるようにしてくださいます。こういう先生も学生の理解度や気持ちを尊重する良い先生だと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-16 10:43 | 授業 | Comments(0)

学校の授業のひとつに集中講義とよばれるものがあります。集中講義とは、外部の先生に来ていただいて、短期間で一定の内容の授業をやってもらうというものです。なぜそのような方法をとるかというと、その先生の都合がつく日程が限られているため、短期決戦で授業を終わらせたいからです。

集中講義は夏休みにやることが多いようです。それならば、学生も安心してその授業を履習できます。ところが、なかには学期中に行なわれるものもあります。これを履習するには普段受けている授業を一部欠席する必要があります。わざわざ外部の先生に来てもらって集中講義をやるわけですから、内容的には貴重なのでしょうが、普段の授業を休むのはどうかと思います。

[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-13 09:00 | 授業 | Comments(0)

私は今学期にある数学の授業を履習しています。この授業の期末試験が数週間後に行なわれます。それにあたり、担当の先生が演習プリントを受講生に配りました。期末試験の問題はそのプリントのなかから出すとのことです。

このやり方はよいと思います。その理由の一つ目は、勉強の方向性がわかるということ、二つ目は、まじめに勉強した受講生が報われるということです。

[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-07 09:05 | 授業 | Comments(0)

近年ではアクティブラーニングという授業法が良いと考えられています。私の理解では、受講生が積極的に授業内に活動することで授業内容の理解を深めることを目指している授業です。そのやり方が効果的なのはわかります。それでも私は講義形式の授業が良いと思います。アクティブラーニングでは、授業において受講生が積極的に活動しますからたしかに理解は進むのでしょうが、それでは先生が教科内容を解説する時間が減ります。受講生が理解を補うことは本来授業のあとにやればよいのであって、授業中は先生からの知識や情報をひたすら吸収するのが本来のやり方だと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-07-03 08:42 | 授業 | Comments(0)

私は学生です。今学期のある授業が先日終わりました。この授業は週に2コマやったので、半期の前半で終了となりました。授業内容は難しかったのですが、先生もそれは承知で、試験内容は意図的に易しいものが作成されました。この科目が終わって正直ほっとしています。しかし、興味深い学問分野があることを知ったので、夏休みあたりからこの科目を勉強したいです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2017-06-13 12:44 | 授業 | Comments(0)