<   2016年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

定積分160731

f0367286_08320809.png

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-31 08:33 | 解析学 | Comments(0)

場合の数160730

f0367286_08420036.png

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-30 08:44 | 確率統計 | Comments(0)

ニガテの逆襲

受講者が求める先生像とはなんでしょうか.

その道の専門家が授業を行なえば,緻密で正確な授業が提供できます.そして,そのような高度で洗練された授業を喜んで受講する学生が多いことは容易に理解できます.その一方で,非専門家が行なう授業もまた魅力的です.非専門家は自分が苦労した点を授業で強調するので,学生はその先生が苦労して理解したプロセスを追体験することで,脳に優しい理解方法を習得できるのです.

勉強が得意な人は,初めから高度で体系化された内容を説明してもらえばいいでしょうが,そうでない人は,あえてよちよち歩きの学習プロセスをたどるとうまくいくようです.

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-29 07:01 | 授業 | Comments(0)

空疎なパズル

われわれ日本人が高校で英語を勉強するときには,文法的に正しく書くことを強く要求されます.

そのこと自体は正しい学習姿勢だと思います.せっかく英語を勉強するのに,不正確な覚え方を許したら,うまくいきません.しかし,われわれはあまりにも文法に目が行き過ぎています.

試験で英語を書くときにも,点数の基準は文法的に正しいかどうかです.内容はほぼ見られていません.教師側の主張は,これはあくまでも英語の試験だから,正しい英語を書くことが重要だ,というものです.

その考え方は行き過ぎていると思います.われわれはなぜ言語を使うのでしょうか.自分のメッセージを相手に伝えるためです.メッセージを頭の中に作るには言語を使います.メッセージなしの言語は言語使用の目的から外れます.メッセージなしのパズル的英作文は本来言語を勉強する目的に適いません.

興味深い内容を書く高校生が報われるような英語の採点法を用いれば,きっと高校生の英語の勉強が楽しくなると思います.

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-28 06:19 | 生活 | Comments(0)

意欲的期末試験

私は大学で英語の授業を履修しています.

その授業では一冊のテキストを用いて,主に読解の勉強をしています.そして,近々期末試験があります.この期末試験が面白いです.社会問題を扱っているそのテキストの内容を踏まえて,自分で問題を発見し,根拠とともにその解決法をプレゼンします.すなわち,単にテキストが読めるだけではだめで,テキストを読んだうえで,テキストの内容を超えた問題提起を口頭で行なうのです.

準備に手間はかかりますが,意欲的な試験内容です.この先生は勉強が得意なだけでなく,学生の知的な嗜好もわかっている感じがします.テキストの内容を超えてそんなことやらせるなよ,という意見もあるかもしれません.しかし,この先生は,彼らなら大丈夫だ,と踏んだのでしょう.

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-27 06:23 | 授業 | Comments(0)

新たな知

私が履修している授業では特定の本に沿って進むことが少ないです.

もちろん内容的には特定の本にだいたい沿っているのですが,その本がたとえ1冊だとしても,議論の進め方が先生の良いと思う方法だったり,複数の本を先生が独自に再編集して議論を展開したりしています.

これは面白いことです.先生方は既成の本を超えた理論的枠組みを授業で展開しているわけです.本のとおりにやれば先生の負担は少ないはずです.それをやらずに,新たな知をその授業に盛り込んでいるわけです.

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-26 06:50 | 授業 | Comments(0)

集合160725

f0367286_04134250.png

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-25 04:14 | その他数学 | Comments(0)

多項式160724

f0367286_16331023.png

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-24 16:34 | その他数学 | Comments(0)

運動音痴の救い

私は大学で体育の授業を履修しています.

その授業の内容は,体を鍛える,ということです.ただし,鍛え方にも学生個人の裁量が認められていて,トレーニングマシンで筋力を強化する人もいれば,ランニングマシンで有酸素運動をする人もいます.また,単に歩いて運動することも可能です.私は歩いて運動することが多いです.

私は運動が苦手なので,その授業を履修することで難を逃れました.小学校や中学校での運動というと,バスケットやサッカーやバレーボールなど,球技をやることが多いです.そして,これらの種目が苦手な人はさびしい思いをします.

大学教育で体育は必修のようです.そのときに,私の履修している授業のように,だれでも参加できる種目が用意されていれば,不必要な精神的負担を避けることができます.

インターネットの投稿を見ると,大学の体育の授業で苦手な運動を強いられている人もいるようです.ひょっとすると種目の選択肢が少なかったのかもしれません.できるだけ運動音痴も参加しやすい種目を用意すれば,きっと学生が救われると思います.

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-23 16:55 | 授業 | Comments(0)

群の同型160722

f0367286_18355875.png

[PR]
by criticalCaffeine | 2016-07-22 18:37 | 代数学 | Comments(0)