積極的誤読

私たちが本を読むにあたって大事なことは、記述内容を自分のことに当てはめて読むということだと思います。というのは、本に記述されていることは、著者の考えや体験をもとにしていますから、そこから読者の血肉になるメッセージを受け取るには記述内容を積極的に再解釈する必要があるためです。いうなればこれは意図的な誤読です。読書は試験ではありません。私たちは本を読みたいから読むのです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-07 08:40 | 生活 | Comments(0)

楽しい世の中

人間が競争をすると個々人の能力が上がりますから、その意味において競争は良いことです。それと同時に、人間が競争をすると競争に負けた人は心に痛手を負いますから、その意味において競争はよくありません。ここに言葉のあやがあります。前者の競争は自分の力を伸ばす努力を意味し、後者の競争は他者を打ち負かす努力を意味します。すべての人々が楽しく生きるためには、自分の得意なことを一生懸命にやって他者に貢献するつもりで生きればよいのだと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-06 08:49 | 生活 | Comments(0)

職務の従属からの解放

世の中の人々は学生時代にもっと勉強しておけばよかった、と言うことがあるようです。その言葉には、学校を卒業して働くようになると、勉強する時間が取りづらくなる、という意味も含まれていると思います。会社に入ると長い時間職場で過ごすことになるからだと思います。この状況は良くなるといいなあと思います。もちろん仕事も大事なのですが、人間が人間らしく生きるためには、目の前の仕事だけをやっていてはいけないと思うのです。目の前の仕事に従属する人生では主体性が発揮できないからです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-05 09:33 | 生活 | Comments(0)

第一に聞く人

私たちが社会で生活するときに、ほかの人が嫌がるようなことを言わないようにすべきである、ということは言うまでもありません。これは私たち自身のためでもあると思います。自分自身が言ったことはほかならぬ自分自身が聞いているのです。悪い言葉は本人の意識に残るという意味もあって言わないほうがよいと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-04 12:08 | 生活 | Comments(0)

誤差の肯定

私たちは自分の考えを述べるときに言語や図を使います。これである程度その人の考えを描写することはできるのでしょうが、私たちの頭の中にある考えはたとえて言うならば水や粘土細工のような連続体をなしていますから、言語や図による表現には誤差が伴います。つまり自分の考えをできるだけ正確に表現することは近似値としてはできるにしても必ず誤解の余地があるということです。これは悲観的なことではなく、人間世界が多様になるための肯定的なことだと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-01 10:13 | 生活 | Comments(0)

セブンイレブンの納豆

私は最近またセブンイレブンの納豆を食べています。3パック一組が73円という安値で売られています。私の知る限り近場で手に入る納豆のうちこれが一番おいしいです。これは絶対的な自信をもって人にも勧められます。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-31 10:59 | 生活 | Comments(0)

日本語の本

日本では母国語で高度な文献も読めるから日本では勉強がしやすい、と考えられています。ところが実際には優れた文献は英語で書かれていることが多いです。それでも私は日本語で高度な文献が読めることは日本に暮らすことの利点だと思います。というのは、多くの日本語の本は分厚くないので、持ち運びとか扱いが便利なのです。これはささいなことですが、勉強という作業は日常の一部ですので、軽視できないと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-30 10:43 | 生活 | Comments(0)

最近の世の中ではインターネット上の文書や動画が発達しています。よって、自宅にいながらいろいろなことを勉強することができます。これらは便利ですから積極的に利用するのがよいです。すると従来型の教育制度や教育サービスは意味をなすのかという疑問が生じてきます。私は意味をなすと思います。人間とじかに接すると単純に理解度が高いという利点があります。ただ、わざわざほかの人とかかわるのは煩わしいというのも事実です。そこで、インターネット上の授業と対面授業の組み合わせや一方の選択など、利用者が勉強の仕方を決められるとよいと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-29 14:03 | 生活 | Comments(0)

私は学生ですから、時間に追われる生活は送っていません。時間に追われる生活を送るのは現代の人間にとってはよくあることなのでしょうが、人間が生み出した仕事とか娯楽のために時間に追われるのは、人間が自ら人生を生きづらくしていることになりますので、時間に追われずに生きていければいいなあと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-28 08:55 | 生活 | Comments(0)

横着な行動様式

私は勉強が好きなのですが、いわゆる頭を使うことは嫌いです。たとえば、トランプ遊びのうちババ抜きとか七並べのような運任せのゲームは好きですが、大富豪やポーカーなど難しいゲームは嫌いです。その傾向は日常生活の場面でもときどき現れます。喫茶店でぼうっとするのは好きですが、綿密に計画を立てて出かけるのは嫌いですし、興味のある授業科目は履習したいと思いますが、効率よく単位を稼ぐことを考えるのは嫌いです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-25 08:46 | 生活 | Comments(0)

一語一句

私は学生です。私が授業で課されたレポートを書いていて思うことは、勉強において、大きなことと同じくらい細かいことも大事であるということです。一つ一つの言葉遣いでそのレポートの筆者の理解度がわかってしまうからです。逆に言えば、よくできた文書は説得力を持つということです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-24 08:50 | 生活 | Comments(0)

私の学校での掲示によると、ある授業科目で追試がおこなわれるようです。前期の期末試験が7月末から8月上旬におこなわれて、その掲示が出たのが8月上旬です。追試がおこなわれる日は9月末です。このくらいの期間があれば該当する学生はきちんと勉強できるのでしょうが、夏休みに前期の科目の試験勉強をしなければならないのはちょっとつらい感じもします。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-23 08:38 | 生活 | Comments(0)

先日コーヒーショップに入りました。コーヒーを飲みながら街を行き交う人を眺めるのもなかなか面白い感じがしました。とくになにが面白いということはないのですが、なにも考えずに人を見るのはなんとなく面白かったです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-22 08:49 | 生活 | Comments(0)

集中講義を受けました

先日学校で集中講義というものを受けました。ほかの学校の先生が私の学校にいらして、授業をやってくださいました。集中講義というものは、基本的にはその学校の先生でまかなえない内容をほかの学校の先生にお願いするというものだと思います。しかし、今回の集中講義はある分野の基本的な内容でしたから、私の学校の先生がやることはできるものでした。それでもその先生にお願いしたのは、おそらく後期の授業科目の橋渡しになる内容であるし、夏休み中に私の学校の常勤の先生が働くわけにもいかないという事情と私は推測します。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-21 08:48 | 授業 | Comments(0)

当たり前の大切さ

最近読んだ本にいいことが書いてありました。私たちは目の前の人を大切にするべきなのです。当たり前のようですが、この当たり前のことを心がけることは人間にとって最も基本的なことです。目の前の人のことを大切にすると、相手も気分が良いですし、自分も気分が良いのです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-18 09:00 | 生活 | Comments(0)

勉強は継続してどれだけ

私が前期に履習していた授業科目の成績が現在までにいくつか出ました。幸いにして単位を落とした科目は今のところありませんが、全体的にぱっとしない成績です。前期に学んだ内容は必ずしもきちんと理解できているわけではないので当然の結果とも言えます。少しでもましな理解ができるように勉強を続けるしかありません。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-17 08:50 | 生活 | Comments(0)

悪くない状況

日本語に「ひきこもり」という言葉があります。この言葉は否定的な意味合いで使われることが多いです。しかし、ひきこもりでも無事に過ごせていれば、調子がよくなるときがいずれ来ますから、状況としては悪くないと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-10 09:20 | 生活 | Comments(0)

重要なのに気づかない

私たちは学校教育でいろいろな科目を勉強します。しかし意外と肝心なことは勉強していないようです。

たとえば、どうすれば毎日を快適に過ごせるかということです。部屋をきれいに保ったり、予定を詰め込みすぎないようにしたり、食器を心をこめて洗ったりすると気分よく快適に過ごせますが、これらの知識は学校教育で勉強しません。

あるいは、プレゼンテーションが大事とは指導しても、立て板に水よりもむしろ訥々とした話しかたのほうが聴衆は聞く耳を持つとか、発表スライドはできる限り簡素にするべきとか、発表時間を守るとか、重要なことが意外と指導されません。

私たちは基本的なことほど重要であるということを認識していないようです。

[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-08 10:31 | 生活 | Comments(0)

私は現在学校の夏休み期間中にいます。昨年度もそうでしたが、今回の夏休みも前期の復習に明け暮れそうです。夏休み当初はいくつかのことを勉強しようと思っていましたが、実際に夏休みが始まってみると、復習で精いっぱいの感じがします。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-07 09:14 | 生活 | Comments(0)

傾聴せざるを得ない

ペンは剣よりも強し、という言葉があります。物理的なけんかよりも出版物による大衆への周知のほうが体制や世の中に対する影響力が強いという意味だと思います。これは個人の間や個人と組織の間でも同じだと思います。きちんとした主張は説得力がありますし、きちんと聞かざるを得ないのです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-06 11:06 | 生活 | Comments(0)