面白さを認めよう

私は大して読書家ではないので、私がこれを言うのもおこがましいのですが、本は好きなものを読めばよいと思います。これこれのジャンルはくだらないという意見もあるかもしれませんが、そのくだらないジャンルに面白さを見出すのも知性だと思います。どんな本にも新たな知や発見がありますから、その意味において、すべての本が興味深いはずです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-19 06:11 | 生活 | Comments(0)

健康維持という平穏

私たちは生活を送っていると、たまには体調を崩すことがあります。私たちが健康を維持していくうえで重要なことは、体調を崩さないようにすることだと思います。すなわち、無理なことを避けたり、暴飲暴食を避けたり、疲れたら休んだりするなど、平穏な日々を送ることが重要だと思うのです。崩れた体調を治すのも大事ですが、健康を維持するのに越したことはありません。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-18 07:09 | 生活 | Comments(0)

目安としての数値

世の中の学校では、GPAという指標が用いられています。これは学生が取得した授業成績を数値化し、それの平均値を出したものです。これはその学生の出来を示す目安にはなりますが、さほど信頼性の高いものではないような気がします。要領よくこなす人が高い数値を取って、一生懸命に勉強している人が厳しい数値を取る傾向にあります。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-17 08:24 | 生活 | Comments(0)

授業動画の魅力

私は下手の横好きで少しずつ英語を勉強しています。英語の勉強の仕方は授業動画が良いようです。授業動画では先生が授業形式で教えてくださいますから、臨場感があるのです。CDの音声やなんらかの物語は内容的に優れているにしても、どうしても整った形で提供されるので、迫力に欠けるという弱みがあります。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-16 05:52 | 英語 | Comments(0)

私たちは家庭ごみを出すときに自治体が指定しているごみ袋を使います。私が使っているごみ袋は10枚入りで360円です。そのごみ袋の容量は45リットルで最も大きいものです。ごみ袋は普段から使うものですから、この値段はちょっとお金がかかるなあと思ってはいました。しかし、このくらいの負担は妥当だと思いました。市民の財布にもある程度の痛みがないとごみを減らす努力をしないと思ったからです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-15 05:23 | 生活 | Comments(0)

私は現在学校の夏休み期間中にいます。夏休みに入ってから、前期や昨年度の授業内容の復習をしていました。それらの復習のやり方は不十分ではありますが、いったんそれらを終わりにして、ある分野の勉強を始めました。それは数学の一分野で、これも前期の授業内容の復習にはなります。

しかし、私は易しい本でそれの勉強を始めました。この分野を授業でやったときには、ついていけなかったからです。理解できないままこの内容を放っておくのは気持ち悪いので、夏休みに入ったらこれを勉強したいと思っていました。

[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-14 04:28 | 生活 | Comments(0)

私が学校で授業を受け、自分なりに授業外でそれを勉強しても、必ずしも科目内容を理解できるとは限りません。このことは歯がゆいですが、その難しい内容を頭の片隅に置きつつ、学校の勉強を続けていくことが重要だと思います。というのは、科目内容の理解をあきらめるたらそこで進歩は終わりですが、なにかのきっかけとか周辺分野の理解の進展とかでその科目内容が理解できることもあると思うからです。完全に火を消すとまたつけるのは大変ですが、弱い火をつけておけば再燃は容易なはずです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-13 05:23 | 生活 | Comments(0)

能動的な活動

大学の先生が大学新入生向けに書いた本を先日読みました。それによると、多くの大学生にとって1コマ90分の授業時間は長く感じられるけれども、先生にとってはそうでもないそうです。話をしている人は能動的な活動をしているから長く感じないのだと思います。学生も普段からよく勉強すれば授業を能動的に受けることができますから、90分の授業時間など長く感じないようになると思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-12 05:19 | 生活 | Comments(0)

ゆったりとした生活

現代日本では学校を卒業すると多くの人が仕事に追われてあわただしい生活を送ります。会社に遅れるわけにはいきませんから、早起きができなければあわただしくなります。この生活スタイルはもう少しましになるといいなあと思います。たとえば、朝あわただしくならないように仕事が現状より早く終わるとか、出社時間に融通がきくとかできるとよいと思います。ゆったりとした気持ちで毎日を過ごすことができないと幸せではないと私は思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-11 01:52 | 生活 | Comments(0)

先日リンガーハットという長崎ちゃんぽんの飲食店を利用しました。私のあとに欧米のかたが入店されました。日本語が得意ではないようで、メニューを指さして店員さんに商品を注文されました。私はこれを遠目で確認した限りではありますが、ビールとぎょうざのセットを注文されました。昼間からビールを飲むということはドイツの人かなと勝手に想像していました。

私はお酒を飲みませんが、日本人は昼間からお酒を飲むことに抵抗があります。仕事が休みの日ならば、飲食物くらい好きにすればいいのにと思います。

[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-10 05:18 | 生活 | Comments(0)

寮費が高いという矛盾

私の学校に学生寮があります。この寮は経済的に厳しい学生のためのものではありますが、寮費はひと月に3,1000円かかります。この料金を出せばアパートに住むのと大差ありません。本来の目的のためにはもう少し寮費を安くしたほうがよいと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-09 05:13 | 生活 | Comments(0)

恣意的思考の力

私たちは物事を恣意的に考えることができます。この力は意識的に使ったほうがよいです。物事を恣意的にとらえることができるということは、新しいことを発見できたり、新たな方法を思いついたりすることを意味するからです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-08 14:13 | 生活 | Comments(0)

積極的誤読

私たちが本を読むにあたって大事なことは、記述内容を自分のことに当てはめて読むということだと思います。というのは、本に記述されていることは、著者の考えや体験をもとにしていますから、そこから読者の血肉になるメッセージを受け取るには記述内容を積極的に再解釈する必要があるためです。いうなればこれは意図的な誤読です。読書は試験ではありません。私たちは本を読みたいから読むのです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-07 08:40 | 生活 | Comments(0)

楽しい世の中

人間が競争をすると個々人の能力が上がりますから、その意味において競争は良いことです。それと同時に、人間が競争をすると競争に負けた人は心に痛手を負いますから、その意味において競争はよくありません。ここに言葉のあやがあります。前者の競争は自分の力を伸ばす努力を意味し、後者の競争は他者を打ち負かす努力を意味します。すべての人々が楽しく生きるためには、自分の得意なことを一生懸命にやって他者に貢献するつもりで生きればよいのだと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-06 08:49 | 生活 | Comments(0)

職務の従属からの解放

世の中の人々は学生時代にもっと勉強しておけばよかった、と言うことがあるようです。その言葉には、学校を卒業して働くようになると、勉強する時間が取りづらくなる、という意味も含まれていると思います。会社に入ると長い時間職場で過ごすことになるからだと思います。この状況は良くなるといいなあと思います。もちろん仕事も大事なのですが、人間が人間らしく生きるためには、目の前の仕事だけをやっていてはいけないと思うのです。目の前の仕事に従属する人生では主体性が発揮できないからです。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-05 09:33 | 生活 | Comments(0)

第一に聞く人

私たちが社会で生活するときに、ほかの人が嫌がるようなことを言わないようにすべきである、ということは言うまでもありません。これは私たち自身のためでもあると思います。自分自身が言ったことはほかならぬ自分自身が聞いているのです。悪い言葉は本人の意識に残るという意味もあって言わないほうがよいと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-04 12:08 | 生活 | Comments(0)

誤差の肯定

私たちは自分の考えを述べるときに言語や図を使います。これである程度その人の考えを描写することはできるのでしょうが、私たちの頭の中にある考えはたとえて言うならば水や粘土細工のような連続体をなしていますから、言語や図による表現には誤差が伴います。つまり自分の考えをできるだけ正確に表現することは近似値としてはできるにしても必ず誤解の余地があるということです。これは悲観的なことではなく、人間世界が多様になるための肯定的なことだと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-09-01 10:13 | 生活 | Comments(0)

セブンイレブンの納豆

私は最近またセブンイレブンの納豆を食べています。3パック一組が73円という安値で売られています。私の知る限り近場で手に入る納豆のうちこれが一番おいしいです。これは絶対的な自信をもって人にも勧められます。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-31 10:59 | 生活 | Comments(0)

日本語の本

日本では母国語で高度な文献も読めるから日本では勉強がしやすい、と考えられています。ところが実際には優れた文献は英語で書かれていることが多いです。それでも私は日本語で高度な文献が読めることは日本に暮らすことの利点だと思います。というのは、多くの日本語の本は分厚くないので、持ち運びとか扱いが便利なのです。これはささいなことですが、勉強という作業は日常の一部ですので、軽視できないと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-30 10:43 | 生活 | Comments(0)

最近の世の中ではインターネット上の文書や動画が発達しています。よって、自宅にいながらいろいろなことを勉強することができます。これらは便利ですから積極的に利用するのがよいです。すると従来型の教育制度や教育サービスは意味をなすのかという疑問が生じてきます。私は意味をなすと思います。人間とじかに接すると単純に理解度が高いという利点があります。ただ、わざわざほかの人とかかわるのは煩わしいというのも事実です。そこで、インターネット上の授業と対面授業の組み合わせや一方の選択など、利用者が勉強の仕方を決められるとよいと思います。
[PR]
# by criticalCaffeine | 2017-08-29 14:03 | 生活 | Comments(0)