教科の勉強が好きになるといいと思う

先日数学者の藤原正彦先生の本を読みました.それによると,藤原先生が子どものころから,わが国の国語教育は文を文節に分けたり,文章を段落に分けたり,指示語が何を指しているかを答えたりするということをやっていたそうです.そして藤原先生はその教育はつまらないとおっしゃっていました.藤原先生は子どもたちを読書に向かわせるような国語教育が良いとおっしゃっています.子どものころでないと感受性が高くないからです.

私もそう思います.文章は楽しんでどれだけです.本になっている文章のほとんどのものが優れていますから,文章を楽しむ習慣がないと,本人の人生にとって大きな損なのです.

[PR]
by criticalCaffeine | 2017-02-06 09:11 | 生活 | Comments(0)