目印だけでも価値がある

本にはハードカバーのものとソフトカバーのものがあります。近年出される本はソフトカバーのものが多いです。昔ハードカバーだったものでも版の新しいものはソフトカバーになっていたりします。私自身はソフトカバーのほうが扱いやすくて好きです。しかし、ハードカバーはそれがちゃんとした本ということを示す目印になるので、その目印だけでも価値があります。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-11 07:38 | 生活 | Comments(0)