映像における内容の薄さと濃さは表裏一体

きのうの記事で私の学校の初年時生がイプシロンデルタをやっていると書きましたが、私の錯覚かもしれません。その授業で用いられている教科書にはイプシロンデルタもあるためそのように思いましたが、イプシロンデルタを用いない微積のやり方も紹介されています。

私はあまり映像を見ませんが、動画には人間の音声や表情、その場の雰囲気などが情報として含まれます。このために映像による情報は、あるときには薄い情報となり、あるときには重要な情報となります。内容の薄さによる不便を覚悟で、時には映像を情報源として活用することも必要だと思います。

[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-25 06:24 | 生活 | Comments(0)