都合の良い責任転嫁はやめよう

教育の現場において、生徒が勉強を好きになるように指導できるとよいと考えがちですが、そもそも物事の面白さは自分で見つけるべきものです。指導者の教えかたにより勉強が好きになれない生徒については、指導者・生徒が責めを受けて、なんらかの遊びに熱中する生徒は、その遊びが高尚ならばほめられ、そうでないならば責めを受ける、というのは、人々の態度に一貫性がないと思います。一般的に物事は面白さを見出した人が勝ちだと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-07-15 03:37 | 生活 | Comments(0)