カテゴリ:生活( 655 )

先日街頭で若者が募金箱を持っているのを見かけました。なんとなく彼らの言うことを聞く限りでは、無利子で奨学金を借りることができる制度のために募金をしてほしいとのことのようでした。親御さんがいない若者のために、その制度があるようです。

奨学金制度自体はまっとうです。歪みは学校の授業料の高さにあります。意欲的な人が学校に通いやすくなれば、長い目で見て住みやすい世の中になると思います。

[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-22 02:34 | 生活 | Comments(0)

体裁の任意性

私はたまに古い本で勉強することがあります。具体的には1960年くらいに出された和書です。この時代の和書でB6サイズのものにときどき出くわします。B6サイズは現代のノートのサイズの半分のサイズです。しかし、それほど小さくても、文字が小さいので内容は豊富です。印刷の仕方で本の体裁はどうにでもなるようです。

[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-21 06:29 | 生活 | Comments(0)

人間に回帰する

私たちがお店や会社を利用するにあたって、ある程度の警備や警戒がなされる必要があります。しかし、行き過ぎた警備や警戒がなされると利用者は居心地が悪いです。すると、人々がそのお店や会社を利用しなくなりますから、その組織は不利益を被ります。結局、人間が人間を信頼するということが、健全な社会には必要です。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-20 03:18 | 生活 | Comments(0)

大学は学校ですから、大学が学生の勉強を手助けするのは当然です。しかし、どこまで手助けするのかは議論の余地があります。たとえば、先生が授業の参考書を紹介するのは良いことだと思います。また、適当なレポート課題を課すのも必要なことです。ところが、勉強の具体的な方法論まで細かく指示するのは微妙です。そこは学習者が自分で試行錯誤するべきところですし、大学生は勉強したくてみずから大学に入ったわけですから、人に言われなくても細かいやり方は自分で考えて勉強しなければうそです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-19 04:33 | 生活 | Comments(0)

新鮮な読書

私たちは普段本を黙読します。たまには音読すると新鮮です。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-18 03:32 | 生活 | Comments(0)

つぶし

つぶしの利く人生はよいのかどうかはわかりません。ほかの選択肢を捨てたときに、その人らしく生きられるとも言えます。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-17 06:06 | 生活 | Comments(0)

成長の機会

私たち人間は社会のなかで過ごしていますから、苦労が続きます。これは単純に辛いだけでなく、成長の機会でもあります。何もなければ私たちは何もしません。問題点や気づくことがあるから、それを解決もしくは緩和するために、工夫したり、勉強したり、試行錯誤したりするのです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-12 04:34 | 生活 | Comments(0)

冷たいから優しい

現代人は他人に無関心、不干渉です。これは現代人の冷たいところではありますが、それと同時に優しいところでもあります。人間はほかの人に知られたくないことも持っていると思います。そのときに、その人に無関心でいることで、社会がうまく回るのだと思います。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-11 01:20 | 生活 | Comments(0)

私は頻繁に部屋の掃除をしていますが、今までは細かいところを意識していませんでした。床やトイレやふろを掃除する程度でした。しかし、最近になって、部屋の隅やアルミサッシの桟なども意識して掃除するようにしました。

細かく部屋を見れば、掃除するべき箇所はたくさん見つかります。毎日やれば楽ですから、掃除は細かいところまで含めて、毎日やるとよいと思います。

[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-10 05:04 | 生活 | Comments(0)

方法の確立

私たちが生きていると、難しい問題に当たることは避けられません。よって、大事なことは、難しい問題に当たったときに解決する方法を確立しておくことです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-10-09 18:23 | 生活 | Comments(0)