<   2018年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

読み物として楽しみたい

私は少しずつ英語を勉強しています。学校の入試問題の英文は内容的に興味深いのですが、ところどころ穴あきになっているので読み物としてはよくありません。身勝手な発想ですが、学校の入試問題も読み物として楽しめるように穴あきでない問題になってくれるとよいです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-31 06:06 | 英語 | Comments(0)

本の読みかたというものは、だんだん進歩すると思います。前提知識が少ないときに読んでわかったつもりでも、よくわかった状態で読み返すと、そのときの理解が浅かったことに気づくこともあると思います。それはそれで進歩の確認ですから良いことです。以前の理解が浅かったことについて本人は気恥ずかしい思いはするかもしれません。しかし、それを繰り返して勉強が進むので、勉強を続けるということは反省を続けるということです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-30 08:10 | 生活 | Comments(0)

化学反応の不思議

肉や魚は焼くだけでおいしくなるのは不思議です。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-29 05:31 | 生活 | Comments(0)

私は学生です。学生は時間がたくさんあって恵まれていると私たちは考えています。そしてそれはその通りです。つまり、学生を卒業すると、自分の時間が取りづらくて学生のときほど生活が充実していないということです。働くことは尊いのですが、このように思うのは仕事は楽しくない、もしくは、仕事の時間が長すぎるということが根本的な発想としてあるからです。

仕事が楽しくない、仕事の時間が長すぎる、と私たちが認識しているのであれば、楽しくする、もしくは楽しい仕事を選ぶ、仕事の時間が短くなるようにするなど、状況を整える対策を取ったほうがよいです。現実を甘受するばかりでは進歩がありません。

[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-28 06:22 | 生活 | Comments(0)

わが国では学校の成績を良くしたり、良い学校に進学したりするために、生徒のなかには放課後に塾に通う人もいます。私はこのやり方にゆがみを感じています。教科の勉強は学校でやっているわけですから、ほかの学習機関で勉強し直すのではなく、学校の勉強をきちんと習得する努力をしたほうが理にかなうと思うのです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-27 06:26 | 生活 | Comments(0)

わかったつもりの危険

物事に名前を付けると、自分で考えたり、人に情報を伝えたりするときに便利です。しかし、深く考えるのをさぼるために物事に名前を付ける、ということもあります。物事の本質を理解するためには、安直なネーミングで満足してはいけません。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-26 05:15 | 生活 | Comments(0)

きのうの記事で私の学校の初年時生がイプシロンデルタをやっていると書きましたが、私の錯覚かもしれません。その授業で用いられている教科書にはイプシロンデルタもあるためそのように思いましたが、イプシロンデルタを用いない微積のやり方も紹介されています。

私はあまり映像を見ませんが、動画には人間の音声や表情、その場の雰囲気などが情報として含まれます。このために映像による情報は、あるときには薄い情報となり、あるときには重要な情報となります。内容の薄さによる不便を覚悟で、時には映像を情報源として活用することも必要だと思います。

[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-25 06:24 | 生活 | Comments(0)

最近のわが国における高等教育では、初年時の微積分学でイプシロンデルタを使わない傾向が強まっているようです。私の初年時もそうでした。しかし、私より少し下の学年ではイプシロンデルタをやっているようです。結局どうやるかは担当の先生によるようで、意外と自由度が大きいようです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-24 07:07 | 生活 | Comments(0)

私はアパートで一人暮らしをしています。今までは洗濯した服はクローゼットに入れていましたが、服はどうせすぐに着るので、そうしなくてもよいと思いました。よって、床に置いています。こんな簡単なことにもっと早く気付けばよかったです。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-23 07:40 | 生活 | Comments(0)

何か大切なもの

ほかの国ではクレジットカードを使うようですが、わが国ではお店で買い物をしたときに現金で支払いをするやり方が残っています。これは私たち人間が今後も守るべきところだと思います。預金残高の数字ではなく、実際の硬貨や紙幣で支払い行為をするというやり方は続けたほうが何か大切なものを維持できるような気がします。
[PR]
by criticalCaffeine | 2018-05-22 06:43 | 生活 | Comments(0)